紅茶辞典

作法を楽しむ

紅茶の1日

「朝」 に飲む紅茶をなんと呼ぶ?

朝の目覚めから夜眠りにつくまで、1日に何回もティーを楽しむイギリス人。朝に飲む紅茶のスタイルをご紹介します。

【アーリーモーニング・ティー】
朝、起き抜けに飲む紅茶のこと。本来は中流階級以上の人々が、メイドに運ばせた紅茶をベッドの中で飲むという優雅な習慣だったのですが、現在では眠気が残る体を、すっきり目覚めさせるために飲む朝の1杯というところでしょう。
【ブレックファスト・ティー】
寝起きのアーリーモーニング・ティーで目覚めた後、朝食と一緒にたっぷり飲むミルクティーが、ブレックファスト・ティーです。ブレックファストとは、一晩の断食(ファスト)を破る(ブレイク)という意味もあるので、イギリスの朝食はバラエティも量もたっぷりです。

「昼」 に飲む紅茶をなんと呼ぶ?

【イレブンジズ・ティー】
その名の通り、午前11時頃のお茶の時間です。朝の仕事や勉強が一段落した頃、リフレッシュのためにオフィスや学校や家庭で楽しむ短時間のティータイム…。こんな時間をイギリスの人たちはとても大切にしているのです。
【ミッドディ・ティー】
午後3時頃のお茶の時間です。アフタヌーン・ティーに対して、こちらは現代の生活にマッチしたカジュアルなティータイムです。伝統的なルールやお菓子はなくてもよく、午後のおやつ感覚で紅茶とお菓子をつまむスタイルが一般的です。

「夕方」 に飲む紅茶をなんと呼ぶ?

【アフタヌーン・ティー】
午後3時か4時頃から始まる、優雅なお茶の時間です。イギリスの紅茶といえば、まず思い浮かぶティースタイルでしょう。宮廷貴族の婦人たちが社交の場として楽しんできた伝統が今日まで伝えられ、エレガントに整えられた客間や庭園で、スコーン、サンドイッチ、ケーキなどと一緒に紅茶をいただくというヴィクトリア朝時代からのスタイルこそが、アフタヌーン・ティー。日本の茶道にも似た、美意識と精神性を大切にしたティーの時間です。
【ハイ・ティー】
ハイ・ティーとは午後6時頃、働きに出ていた男性が帰宅し、家族と一緒に夕食を兼ねて紅茶を飲むスタイルのこと。居間のローテーブルではなく、食堂のテーブル(ハイ・テーブル)で飲むことから、ハイ・ティーと呼ばれるようになったのです。

「夜」 に飲む紅茶をなんと呼ぶ?

【アフターディナー・ティー】
アフターディナー・ティーとは、夕食後のくつろぎの時間に飲む紅茶のこと。19世紀のイギリスでは、食堂(ダイニングルーム)から男性は書斎(ライブラリー)に、女性は応接室(ドローイングルーム)へと別れ、ブランデーやポートワインなどのお酒、甘みの強いお菓子やチョコレートと一緒に紅茶を楽しんでいたようです。
【ナイト・ティー】
ナイト・ティーとは、ベッドに入る前に一人静かに読書したり、日記を付けながら飲むお茶のことですな。一日の出来事を思い返し、あるいは明日の予定を考えながら、1杯の紅茶で心を癒す…。ウイスキーやリキュールを入れるのもポピュラーです。

夜の紅茶は、ベッドで飲む

紅茶の国イギリスには「ナイトティー」や「ティー・イン・ベッド」という言葉があります。それは眠りにつく前、寝室やベッドへ紅茶を運び、ゆったりくつろぎながら飲む紅茶のこと。時にはウイスキーを数滴落としたり、ハーブを加えたり…。お気に入りの本を読みながら、一日の終わりを紅茶と過ごす。大人ならではのこんな紅茶の飲み方も楽しんでみてください。

  • 紅茶辞典

紅茶を知る

  • 茶葉を知る
  • 歴史を知る
  • 世界の紅茶を知る

紅茶を楽しむ

  • 作法を楽しむ
    • 役立つマナー
    • 紅茶の1日
  • 味わいを楽しむ
  • 薀蓄を楽しむ

ページトップへ